エスニック料理

エスニック料理資格人気ランキング

一般的にエスニック料理とはアジア料理や、中南米料理を表す言葉として知られていますが本来は「民族料理」を表す言葉なので日本料理やフランス料理、中華料理もエスニック料理として表現することが出来ます。

今回紹介させて頂くエスニック料理の資格では、一般的に広く知られていない世界各国のエスニック料理に関する知識を深く身に着けることが出来ます。
最先端の料理から、古くから伝わっている料理まで様々な料理の知識を学ぶことが出来る資格だけを集めた結果、2つだけとなってしまいました。

その代わりこちらで紹介させて頂く2つの資格は、学べる内容の質が高く尚且つわかりやすく学ぶことが出来るので、世界各国の料理を学びたい初心者の方に非常にオススメです。
勿論調理経験が豊富な経験者の方でも楽しむことが出来るようにテキストが用意されております。

エスニック料理に関する知識を学びたい人は、こちらの記事で紹介する2つの資格のどちらかを選んで知識をわかりやすく学んでみませんか?

ランキング1位 エスニック料理ソムリエ

こちらはエスニック料理ソムリエは日本安全食料料理協会が認定する資格です。
こちらの資格ではエスニック料理の知識を深く学ぶことが出来ます。
エスニック料理を学ぶことが出来ると言っても、あまりにも幅が広いので内容を詳しく説明させて頂くと、タイやベトナム、インドネシアをはじめとしたアジア料理の知識を学ぶことが出来ます。

歴史や風土、風習、気候など様々な要因から地域性が強く表れるエスニック料理の知識を詳しく学ぶことによって、食事と生活の関係性を改めて理解することに繋がります。
エスニック料理に使われている食材も、土地で多くとれるものであったりと日本人目線で見ると面白い料理や変わった料理が多く感じられるかもしれません。

歴史について深く学ぶことで、料理だけでなく国についての知識を学ぶことが出来るので料理だけでなく様々な知識を学びたいという人に向いている資格だと思います。

こちらの資格は前提条件がない為、誰でも受験することが出来ます。
受験料10000円を用意する必要があります。
試験は2か月に1度開催されており、年間6回の資格取得チャンスがあります。
自分のペースで学習し、自分が挑戦したいと思った時に資格を取得に向けて行動することが出来るのでじっくりと学習したい人にオススメです。
資格取得後にはエスニック料理のプロとして講師活動や料理教室の先生として活動することも出来ます。
可能性が幅広い資格なので、興味のある人はこちらの資格を取得しておきましょう。

ランキング2位 アジア料理インストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会が認定する資格の「アジア料理インストラクター」です。
インド、タイ、マレーシア、ベトナム、台湾など様々なアジア料理に関する知識を学ぶことが出来る資格です。
アジア料理に関する知識を持っていることを証明することが出来るので、飲食店で働く際に有利になる可能性があります。

アジア料理に関しては、深く学ぶことが出来ますがそれ以外にもエジプトやナイジェリア、メキシコなどのアジア以外のエスニック料理についても学ぶことが出来るので資格取得時には世界各国の料理知識が身についていると思います。

こちらの資格を取得するためには受験料10000円を用意して、カリキュラム修了後の認定試験に挑む必要があります。
1年の6回開催されているのでチャンスが非常に多いです。
試験で7割以上の評価を獲得すればアジア料理インストラクターの資格を取得することが出来るので、難易度はあまり高くありません。
カリキュラム通りにテキストを進め、しっかりと理解することが出来ていれば難なく合格することが出来ると思います。
ケアレスミスに注意して挑んでみましょう。

資格取得後には、アジア料理インストラクターとしてカルチャースクールでの講師活動を行うことが出来ます。
ご自宅でアジア料理を作ることも出来るので、様々な方面に学んだ知識を活かしましょう。
エスニック料理資格 エスニック料理資格

関連記事

  1. ブリーダー

    ペット繁殖インストラクター口コミ評判

  2. カクテル

    カクテル資格人気ランキング

  3. 紅茶

    紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

  4. shikaku1

    日本インストラクター技術協会クチコミ評判

  5. カクテル

    カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

  6. ヨーグルト

    ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

  7. 建築模型・住宅模型

    建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

  8. 収納

    整理収納インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得