キッチン資格

キッチン資格人気ランキング

家の顔が玄関であるならば、キッチンは胴体にあたるのではないでしょうか。キッチンがお洒落な家って、なんだか羨ましい気分になったりしませんか?

キッチンを使う事が多い女性は特にキッチンに対する思い入れが強い傾向にあります。もっとお洒落にしたいと思う人や機能性を良くしたいと思う人等々、思いは様々ですが、昨今、キッチンに対するデザインが重要視されつつあります。

そんな時、役に立つのがキッチン資格。こう言ってしまうと、キッチンの事のみ学ぶと思われがちですが、実はそうではありません。

お洒落なキッチンがなぜ「お洒落」に見えるのか、便利なキッチンがなぜ「便利」に使えるのかについては、心理学や人間工学的な観点から勉強する事が必要です。

そんな総合的分野を学べるのがキッチン資格です。今回はランキング形式でキッチン資格についてご紹介したいと思います。

第1位 キッチン心理カウンセラー

日本メディカル心理セラピー協会が主催している死悪です。

「キッチン」と「心理カウンセラー」というのは一見まったくなんの関係もないと思われがちですが、実際はそうではありません。

キッチンが不便だったり、使いにくかったりすると、自分自身が気づかない内にストレスが蓄積するものなのです。それが何年も不便なキッチンを使い続けていれば尚更です。

そんな不快感やストレスを軽減するのがキッチン心理カウンセラーなのです。心理学の基礎を学ぶので、資格取得後は自宅キッチンだけでなく、飲食店や職場での生活ストレス軽減に役立つことができるかもしれません。

在宅受験で受けられる上、受験資格の設定はありません。誰でも気軽に受ける事ができるため、家事や仕事が忙しい人にも優しいです。

第2位 キッチン心理アドバイザー

日本インストラクター技術協会が主催する資格です。

心理の側面からキッチンを見直す力を問われるため、心理学とキッチンについての知識を一定以上備えなければなりません。アドバイザーとして、人の相談に対する適切な助言や援助ができる能力も必要となります。

人を助けたり、アドバイスをしたりするのが好きだという方にはとってもおすすめの資格です。資格取得後は自宅でキッチンについてのスクールを開講する事も可能になります。

また、こちらの資格も在宅受験が可能になっています。受験資格は設定されておらず、勉強に対してコツコツと取り組む事の出来る人であれば、取る事は難しくないでしょう。ぜひ、取得兆戦をご一考ください。

第3位 キッチンスペシャリスト

インテリア産業協会が主催する資格試験です。上記2つの試験よりもさらに専門的な建築学やキッチン空間についての知識を必要とします。

出題は実技(120分)と学科(120分)の2つあり、どちらも難易度は高いです。また、試験地も複数ありますが、日本各地の中枢都市にてしか行われておらず、不便に感じる人がいるかもしれません。

あまり気軽に取れるとは言えない資格ですが、難易度が高いという事はつまり、充実した知識を取り込む事ができるという事です。専門性の強い資格であるため、資格取得者が必要とされるときが必ず来ます。

また、実技・学科いずれかを合格したが、いずれかが不合格だった人は合格した方の試験を3年間免除されます。白黒はっきりわけず、頑張りを認めてくれる制度は受験者からしてもモチベーションアップにつながりますね。
キッチン心理カウンセラー キッチン心理カウンセラー

関連記事

  1. フラワー

    飾花インストラクター認定試験口コミ評判

  2. POP

    POPデザイナー認定試験口コミ評判

  3. ヨーグルト

    ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

  4. 家庭菜園

    ベランダ菜園資格人気ランキング

  5. つぼ

    美容つぼマイスター認定試験認定試験口コミ評判

  6. 着物資格

    着物着付け方資格人気ランキング

  7. キャンドル

    キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

  8. カフェオーナー

    カフェオーナースペシャリスト認定試験口コミ評判

資格取得