キャンドル

キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

古くから人々の生活に寄り添ってきた「灯り」。現在では電気がその役割の大半を担っていま
すが、炎による灯りは未だに我々を惹きつけるほどの魅力を持っています。
誕生日といった特別な日に灯されるろうそくの灯りや、オシャレなレストランのインテリアとし
て片隅に灯る小さなキャンドルの灯り。

私達の生活に、小さな姿ながらも非常に大きな感動を与えてくれるのが炎の灯りです。
今回はキャンドルに焦点を当てて、キャンドルアドバイザー認定試験ののお話しと、
キャンドルに関するお話しをしてみたいと思います。

ろうそくの豆知識

■ 「ろうそく」と 「キャンドル」
ろうそくと言うと和風な感じがしますが、キャンドル(Candle)も和訳すると実はろうそくです。
これはおそらく外国から入ってきたものはデザイン性に富んでいた為、イメージ的にも
キャンドルはオシャレ、ろうそくは実用品、といった区分けになっていったと思われます。
構造的にも実は違いがあり、和ろうそくと洋ろうそくと言った区分けも存在しています。

■ ろうそくの歴史は2300年!
古代エジプトにある有名なツタンカーメンの墓に燭台が確認されており、非常に古い歴史
をもつ物品です。ここまで古い時代からあるものが現代でも利用されているといった事実
は、炎の灯りと共に深い歴史を感じさせてくれるスパイスの一つですね。

■ 戦時中には飯盒にも使用されていた
調理用の火力としては非常に弱いろうそくですが、状況的に仕方がなかったのでしょう。
海外ではポットの保温にキャンドルを利用する事もあり、そちらはティーキャンドルと
呼ばれ広く親しまれている物となっています。

■ 「ろう」の溶ける温度は約56℃
ちょっと温めたお湯でもすぐに溶けてしまいます。
夏場のエンジンを切った車内では余裕で溶けるレベルなので、実はかなり融点が低い
部類の物質で、そういった点からも古来から重宝されていたようですね。

■ ろうをこぼしてしまった時の対処法
ちょっと移動させる途中にこぼしてしまった、なんて事はよくある事です。
上記の溶ける温度を利用して対処すると簡単・かつキレイに処理できます。
カーペット等の場合は新聞紙をかぶせた上から、ドライヤーやアイロン等で温める事で
新聞紙にろうを吸い取らせる事ができるため、痕に残さず処理できます。

キャンドルアドバイザー認定試験概要

主催団体:日本インストラクター技術協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

主催するのは日本インストラクター技術協会で、この他にも各種指導員として活躍する方向
けの資格を多数取り扱っている団体となっています。
口コミ評判では在宅受験の気軽が特に評価が良いようで、受験者数も徐々に増えてい
っているとの結果が見られます。また、受験資格も敷居が低くなっているので非常に
気軽にチャレンジする事ができる資格と言えるでしょう。

さて、キャンドル・ろうそくの豆知識とキャンドルアドバイザー認定試験のご紹介でした。
生活に粋な演出を加えてくれるキャンドルの世界、興味を持った方は是非この機会に
キャンドルワールドへ一歩踏み出してみましょう。
キャンドル資格 キャンドル資格

関連記事

  1. shikaku1

    日本デザインプランナー協会クチコミ評判

  2. CAD

    CADデザインマスター認定試験口コミ評判

  3. 音楽

    メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判

  4. DIY

    DIY工作アドバイザー口コミ評判

  5. ビーズ

    ビーズアクセサリーデザイナー認定試験口コミ評判

  6. ヨガ

    ヨガ資格人気ランキング

  7. 焼酎

    焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

  8. shikaku1

    建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得