ピラティス

ピラティス資格人気ランキング

女性を中心に、ヨガにも似ているエクササイズとしてピラティスが人気を集めています。ピラティスは、道具も必要ないので、手軽に始められるのも人気の一つです。また、エクササイズを続けていくことで、自分自身で体調管理も行いながら、健康を保つことができると始める方もいらっしゃいます。講師として取得するだけではなく、自分のために始める方もいらっしゃいます。これからビラティスの資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスセラピーアドバイザーは、日本メディカル心理セラピー協会が認定している資格です。この資格は、ピラティスに関する基本的な知識を有している方に認定される資格となっています。心も使うピラティスは、集中力、創造力を大切にし、それに伴って、呼吸法、体の動かし方など心のコントロール方法も必要になってきます。またエクササイズだけでなく、規則正しい生活を送るための睡眠や健康的な食事も意識することが大切です。普段、私たちが意識せずに過ごしている姿勢についても、改善方法などを学ぶことができます。資格取得後は、ピラティスセラピーアドバイザーの講師として活動することが可能です。

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティスエクササイズインストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催している認定資格です。このインストラクターの資格は、ピラティスエクササイズに関する基本的な知識を有している方について認定されるものです。ピラティスに必要な基本的な動きである、呼吸法を始め、筋や関節を理解して、屈曲、伸展や肩、手足の運動などを正しく理解できるていることが必要です。また、インストラクターとして、一人一人に合ったエクササイズを指導することができることが可能になります。そのため、ピラティスエクササイズの種類、ストレッチまでを理解して実践することが必要です。資格取得後は、ピラティスエクササイズインストラクターとして自宅でインストラクターとして指導したり、カルチャースクールで講師として仕事をすることが可能です。

3位 ピラティスマットインストラクター

ピラティスマットインストラクターになれるコースとして、ラエル・イサコウィッツが設立した、南カリフォルニア、ニューポートビーチに本部を構えている世界最大規模のピラティス専門プログラム。世界最大のピラティス教育団体
「BASIピラティス」として、世界 30 カ国でそのレッスンが行われています。Basi ピラティスの考え方やメソッドを理解し、59種類のマットエクササイズを習得していくことが必要です。ピラティスの歴史や、呼吸法、エクササイズの指導法、そして解剖学などピラティスに関して幅広く学ぶことが可能です。レッスン後に、課題が終了し試験に合格するとインストラクターの認定証をもらうことができます。また、 BASIピラティスでは、資格取得後も、フォロー体制がしっかりとしており、定期的にピラティスインストラクターのワークショップを開催しているので安心です。ピラティスについて、しっかりと学びたい方や、スキルアップを目指したい方にオススメです。

4位 ピラティスマシンインストラクター

ピラティスマシンインストラクターは、JAPICA日本ピラティス指導者協会でも認定できる資格となっています。ジョセフ・ピラティスが、日本人のために、骨格に合わせたアプローチ法考案したエクササイズになっています。指導者になるためには、段階的に学べるようにマットの基礎的なコースを取得してから、マシンを使ったエクササイズのコースが学べるようになっています。指導を行う上で大切な「教える力」「伝える力」「目標設定方法」などもしっかりと学んでいくことになります。また、資格終了後も、それで終わりではなく、キャリアアップをするためにも、継続学習のプログラムが充実しています。ピラティスの指導者として、専門性を高めるために学び、質の高い人材育成に力を入れているので、ピラティスを専門的に学びたい方はおすすめです。

5位 IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

国際ボディメンテナンス協会(IBMA)が発行するピラティスインストラクターの資格取得コースになっています。ピラティスを行う上で、その姿勢は、身体にどのように効いているのか、骨格模型や身体を使って、その理論を丁寧に説明しながら指導してもらうことが可能です。ピラティスをしながら、自分自身でどのように身体が変化していくかを頭と身体で体験しながら学ぶことを重視した実践重視の資格となっています。そのため、資格取得後は、すぐに現場でインストラクターとして活躍することが可能です。資格は、ピラティス3級のBasicから、ピラティス2級のAdvance、そしてピラティス1級のMasterへと段階的に学ぶことが可能です。最短で資格を取得するためには、 27時間必要となり、認定試験受講には、 全16単位の取得が必須となっています。
ピラティス資格通信教育講座 ピラティス資格通信教育講座

関連記事

  1. カップケーキ資格

    カップケーキ資格人気ランキング

  2. デッサン

    鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

  3. キャンドル

    キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

  4. メンタル心理

    メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判

  5. 筋トレ

    トレーニングサポーター認定試験認定試験口コミ評判

  6. 夢占い

    夢鑑定セラピスト口コミ評判

  7. 収納

    収納・片付け資格人気ランキング

  8. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

資格取得