家庭菜園

ベランダ菜園資格人気ランキング

農家になるのはそんなに簡単な事ではありません。自然と共に生きる農家はいつもその経験と知恵、勘を活かして仕事をしています。しかし、そこまで本気に職として農業をしなくてもできる簡単な物があります。それが家庭菜園です。

家庭菜園の良い所は少ないスペースでできる事や、作物の育つ最低限度の環境さえあれば作る事ができる事、そして多彩な知識を必要としない事があげられます。それでありながら、農作を通し、土を耕し、種を植え、育て、そして食べるという一連の過程を学ぶことができるのです。

このように、メリットや面白みが多いため、家庭菜園は年々その人気を上昇させつつあります。自分で作った農作物の味は美味しい事間違いなしです。

さて、今回は家庭の内、最もスペースを余らせがちなベランダでする家庭菜園の資格をランキング形式で説明していきたいと思います。

第1位 ベランダ菜園アドバイザー

日本生活環境支援協会が主催するのがこちらの資格です。ベランダ菜園で育つ植物や野菜、果物についての基本的な知識を学習する事が必須です。それだけでなく、植物の健康管理やそれができるだけの技能も問われます。

アドバイザーの資格だけあって、「自分ができる」というのみならず、「他人にも教えられる」という能力がなければ認定されません。

しかし、決して難しい事を問われると言うわけではありません。手軽に取れる資格の一つなので、少しでも興味がある方は応募してみてはいかがでしょうか。

第2位 家庭菜園インストラクター

日本インストラクター技術協会が主催している資格試験です。家庭菜園できる植物や野菜の種類を完璧にマスターする必要があります。なので、勉強している内に植物博士になってしまうなんて事もあり得そうですね。

また、種類によって違う最適な育て方(用意する土の種類、水やりの方法、害虫の駆除法)の基礎を身に着ける事も必須です。

この資格を取れた暁には、自分のベランダで採れる作物がより一層美味しくなる事間違いなしです。

第3位 美味安全・野菜栽培士

日本園芸協会が主催する資格試験です。上記にあげた2つに比べると、簡単・気軽に取れる資格ではないかもしれません。まず、野菜づくり講座という講座を受けなければならないので、まとまった時間を作れる人であるのが必須条件になります。

しかし、逆に言うと、講座さえ受けて、課題をクリアしていくと確実に取得できる資格であるのです。

独学で勉強するわけではないので、その分、実践的なノウハウがたくさん修得する事が可能で、野菜作りのプロが教授してくれます。

また、野菜作りだけでなく、創った野菜の活用法なんかも身に着ける事ができるので、面白いですよね。

ぜひ、ベランダ菜園を始めとする家庭菜園をさらに追究してみたいという方にはおすすめです。

第4位 家庭菜園検定

2008年より始まった検定です。1級から3級まであり、段階を踏んで自分の技術や知識を高める事が可能です。しかし、注意をしなければならない事があります。それは、3級や2級が誰でも受けられるのに対し、1級は2級合格者でなければ受験する事ができないのです。
その分、1級の難易度は高く、より専門的な事を問われる事になります。
問われる知識としては野菜の栽培方法や原産地といったような基礎知識を問われる事になります。級が上がる事に問われる野菜の種類が増えていき、さらに1級に関しては記述式の問題まで問われる事になります。
ベランダ菜園資格 ベランダ菜園資格

関連記事

  1. フラワー

    フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判

  2. カフェオーナー

    コーヒー・カフェ資格人気ランキング!

  3. パン作り

    手作りパン資格人気ランキング

  4. shikaku1

    建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

  5. ドッグトレーニング

    ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

  6. 猫

    猫の健康管理インストラクター口コミ評判

  7. 収納

    収納マイスター認定試験口コミ評判

  8. フラワー

    飾花インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得