風水師

住宅鑑定風水インストラクター認定試験口コミ評判

中国から伝わっている文化は非常に多く存在し、その中に風水
の概念も存在します。

中国では広く普及されている文化で、現代でも高層ビルの建築
の際に風水の概念を取り入れて設計されているものも多数ある
ほか、個人の住宅の設計の際ですら重視される要素の一つと
して知られています。

日本でも近年になりようやく風水が文化の一つとして受け入れら
れてきていますが、まだまだそういった知識を持ち合わせた人は
少ないといった現状があります。

今回はそういった風水に関する知識と、住宅鑑定風水インストラ
クター認定試験といった特化資格に関する話題です。

住宅と風水

風水を形作る要素の一つで方角が非常に重要なファクターとし
て存在します。詳しく説明すると非常に長い話になってしまいま
すので、門・四神・五行に関してだけご紹介します。

■ 門の概念
慣用句としても使われる「鬼門」と呼ばれる概念が存在します。
普段使っている意味と同じく、全ての事に共通して良くない方角
であるとし、陰陽道においてしばしば言われる要素です。

基本的に鬼門は北東を指し、その逆方向の南西の方角を「裏
鬼門」と呼び、そちらも同様に悪いものとして扱われます。

住宅設計と絡めて考えていくと、鬼門・裏鬼門の方角には玄関、
トイレ、風呂、台所などの風水の世界で重要な場所を配置しな
い事が一般的となっています。

■ 四神の概念
四神とは玄武・朱雀・白虎・青龍の四匹の幻獣を方角に対応
させた概念で、日本の風水では方角のほかにも色や季節が
対応しているファクターです。

・青龍は東、春と青色、流水
・白虎は西、秋と白色、大道
・朱雀は南、夏と朱色、湖沼
・玄武は北、冬と玄色(赤または黄を帯びた黒色のこと)、丘陵

このように考えられており、対応する色使いや要素、上述した
門の概念を加えたりして住宅の設計をする事が基本です。

意外な所では、ちらし寿司にも四神の概念や五行の概念が使
われている事実があります。四色の具材を使用する事で四季
や四神を表現し、五色の具材で五行を表現していると言われ
ています。

■ 五行の概念
少し難しい知識ですが、全てのものは五つの元素からなるとい
う思想で、木・火・土・金・水がそれにあたります。
紀元前200~300年頃に生まれた思想で、非常に歴史の深い
思想の一つとしても知られており、現代でも様々な所で五行の
考え方が取り入れられているものが存在しています。

こちらも四神と同様にそれぞれに季節や概念を象徴しており、
例えば土では育成・保護の概念を包括し、季節の変わり目を
担当しています。子供の部屋等に意識するとよいでしょう。


住宅鑑定風水インストラクター認定試験概要

主催団体:日本インストラクター技術協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

住宅設計の観点での風水に特化した資格として、既に建築
業界で活躍されている方がさらなる知識を求めて取得された
という口コミ評判が見られるほど評価が高い資格です。
在宅受験ということで時間の都合がつけやすいのも嬉しいポ
イントですよね。

さて、風水と住宅に関するお話しでした。
興味を持った方は是非チャレンジしてみはいかがでしょうか。
風水資格 風水資格

関連記事

  1. shikaku1

    日本安全食料料理協会で食にかかわる資格を取ろうクチコミ評判

  2. カラー

    色彩インストラクター認定試験口コミ評判

  3. フラワー

    フラワーアレンジメント花資格人気ランキング

  4. 盆栽

    盆栽資格人気ランキング

  5. パン作り

    手作りパン資格人気ランキング

  6. ドッグトレーニング

    ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

  7. ガーデニング

    ガーデニングアドバイザー認定試験口コミ評判

  8. 和食

    和食エキスパート口コミ評判

資格取得