和菓子

和菓子資格人気ランキング

日本の伝統ある甘味、和菓子。

その細やかな外見と美味しさは世界でも高く評価され、近年では健康食品としても注目を浴びています。伝統ある甘みは、それを作る技能だけでなく、その文化的背景にも注意を向けることでより深く楽しむことができます。

また、和菓子には日本の美しい四季を表現したものも多く、バリエーション豊かな和菓子はそれ自体がひとつの芸術作品ともいえます。

近年では「和スイーツ」とも表現され、若者の間でブームになっているほど。日持ちしないという観点から昔は流通が困難でしたが、今では全国から取り寄せることが出来るようになったのも人気の要因です。

今回は、そんな和菓子のスペシャリストとして認定される各資格をまとめ、ランキングとして掲載。中にはプロとして即戦力となる資格も存在しており、和菓子の道を目指す方はぜひ取得しておきたい資格でもあります。
興味のある資格があれば挑戦してみてはいかがでしょうか。

1位  和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマイスターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する、「和菓子に関する種類や道具、分類、材料などの知識を有している」ことを認定される資格です。
日本古来の和菓子から、現在流行の和菓子まで、和菓子の製造過程から、原材料まで、幅広い知識が要求される資格となっております。
資格取得後は、和菓子のプロとして、和菓子店等で働く他、自分で開業することも可能になります。要求される知識の幅が広いため、難易度は高いものの、和スイーツのプロと呼べるほどの知識を得ることができるため、老若男女問わず人気の資格となっております。

2位  和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターは、日本生活環境支援協会(JLESA)が主催する、「日本各地の郷土和菓子についての知識を有していること」を認定される資格です。
和菓子に関する幅広い知識だけではなく、郷土菓子の誕生した土地の文化や背景、歴史に関する知識(おはぎとぼたもちの違い、桜餅と道明寺の違いなど)を理解していることが求められます。歴史ある和菓子の文化的背景、季節感を身に着け、季節や行事に合わせた和菓子をセレクトすることが出来るのが「和菓子コーディネーター」です。
資格の取得に受験資格は不要で、在宅で試験を申し込むことが出来るため、スキマ時間に学び、働きながらでも資格取得を目指すことができます。

資格取得後は、和菓子店などで知識を活かして働くことができる他、プライベートで和菓子作りや日本文化を広める活動や、情報発信に携わることも可能です。

3位  菓子製造技能士

菓子技能製造士は、国家資格である技能検定制度の一種です。各都道府県が実施する、菓子製造に関する学科及び実技試験に合格した場合に取得することができます。
1級、2級と分かれており、原則として実務経験が2級の場合は2年以上、1級の場合は7年以上必要なため、取得には時間がかかります。
また、学科試験と併せて実技試験も実施されるため、菓子作りの技能と知識を証明でき、キャリアアップしていきたい方に人気の資格となっています。
製菓メーカーや和菓子店など、菓子作りを本業とする方であれば取っておいて損はないでしょう。

4位  製菓衛生師

製菓衛生師は、製菓衛生師法に基づく国家資格で、「菓子製造技能士」と同じく各都道府県で試験が行われます。
この資格は、「お菓子作りの際の食品の安全や添加物に関する知識を有し、衛生的に安全な菓子を製造できる」ことを証明することができます。
国家資格のため、「名称独占資格」と呼ばれる分類に属し、この資格を持っている人しか製菓衛生師を名乗ることは出来ません。

また、資格取得には、製菓衛生師養成のスクールで一年以上学ぶか、実務経験を積むことを義務付けられているため、資格取得を目指すなら、スクールに通うのがよいでしょう。

和菓子を本業とし、店を持とうと考えている方には必要な知識ですので、目指しておきたい資格です。
和菓子 和菓子

関連記事

  1. 福祉

    福祉資格人気ランキング

  2. スープ

    スープ資格人気ランキング

  3. ガーデニング

    園芸インストラクター認定試験口コミ評判

  4. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

  5. POP

    POPライターインストラクター認定試験口コミ評判

  6. 空間

    空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

  7. カフェオーナー

    コーヒーソムリエ認定試験口コミ評判

  8. 和食

    日本料理インストラクター口コミ評判

資格取得