快眠・安眠

安眠インストラクター認定試験口コミ評判

安眠や快眠といった睡眠は、ストレスが激化する現代社会に
おいてはプライベートでも仕事でも非常に関心の集まる分野
で、安眠グッズ等に代表される商業の世界でも毎年のように
新製品が出てきていますね。

今回は安眠の為の睡眠の知識と、その知識に特化した安眠
インストラクター認定試験の資格のご紹介です。

睡眠の豆知識

知っておきたい睡眠に関する豆知識をご紹介します。

■ 日光タイマー!?
近年行われた研究の結果で明らかにされたことによると、起
床の時間に日光を身体に浴びることで、その時点から14時間
後に次第に眠くなっていく体の仕組みがあるとの事です。
また、起床後1時間以内に朝食を摂る事も重要で、体内時計
を設定させる為にも必要なファクターです。

寝る時間を後から決めるのではなく、起きる時間を決める事で
スムーズに眠りに就けるという逆の発想ですね。

■ 寝る時間の2時間前には暗くしておく
睡眠に向かわせる作用をもつメラトニンの分泌に必要です。
メラトニンは明るい所では減少し、暗い所では分泌量が増える
特性をもっていますので、眠るしばらく前から照明を落とす事
は非常に有効です。

また、逆に朝起きた時にしっかりと日光を浴びる事も眠気を払
う事に一役買ってくれているという事ですね。

■ ショートスリーパーは後天的に習得できない
昨今では短時間睡眠の手法を記した著書や、インターネット上
の情報もありますが、ショートスリーパーは遺伝的・先天的に
その人に与えられた一種の才能のようなもので、睡眠の専門家
の大多数が後天的に習得することは不可能だと結論を出して
います。できる人は最初からできるが、できない人はどうやって
も無理だという事ですね。

■ siesta(昼寝)の有効性
スペインではシエスタと呼ばれる昼寝休憩の時間をとることが
一般的で、学校や企業でも当然のように確保されています。
これは仕事や学業には非常に効率的な事で、脳を一旦休ませ
る事により能率を飛躍的に向上させる事が可能です。

日本ではこういった昼寝に関しては全くと言ってもいいほど無関
心で、むしろ眠らずに働き続ける事が美徳とされている風潮です
が、全くの逆です。日本のGDPが年々下がり続けているのはこ
ういった睡眠や健康に対する意識の低さも原因と言えるでしょう。

仕事でも非常に有効な昼寝ですが、1時間以上とってしまうと逆
に疲労になってしまうため、15分~30分程度の昼寝に留めてお
くことが大事なのは覚えておきましょう。


安眠インストラクター認定試験概要

主催団体:日本インストラクター技術協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

さて、ストレス社会における睡眠の有用性は触れていきましたが、
現代の日本においても睡眠の知識を学びたいという人は山ほど
いるため、こういった資格を持つことは非常に有益ですね。
口コミでの評判でも取得者の声が多数見られ、ストレス解消の
手法や効率的な睡眠の知識を得られると評判の高い資格と
なっているのでオススメです。

今後の生活で常にそばにあるものが睡眠です。
毎日する事を見直す事で、よりよい暮らしを目指していきましょう。
興味のわいた方は受験も検討してみてくださいね。
快眠 快眠

関連記事

  1. 塩

    塩資格人気ランキング

  2. カラー

    カラーセラピー認定試験口コミ評判

  3. 快眠・安眠

    美快眠セラピスト認定試験口コミ評判

  4. スパイス

    スパイスインストラクター認定試験口コミ評判

  5. 和菓子

    和菓子資格人気ランキング

  6. ハウスクリーニング掃除

    ハウスクリーニングアドバイザー認定試験口コミ評判

  7. トリマー

    ペットトリミングアドバイザー認定試験認定試験口コミ評判

  8. shikaku1

    建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得