盆栽

盆栽資格人気ランキング

日本の伝統文化でもある盆栽。自然にある草や木を鉢に植え、枝振り、根っこ、葉っぱの姿形など、自然の一風景を切り取ったような盆栽は昨今様々な年代の人からも人気があります。

その種類は多種多様で、松や梅といったメジャーな物から、柿や梨、桜といったようなマイナーな盆栽まであります。

盆栽に凝りだすと、本当に奥が深く、どこまでも完璧な盆栽を追い求める事ができます。加えて、スポーツなどといった体を動かす趣味と違い、盆栽は運動を必要としません。つまり、老後、体が弱くなったり不自由になったりしてもずっと続けられる趣味に成り得るのです。

そんな、昨今人気を集めている盆栽。そんな盆栽には資格があります。盆栽をこれから趣味にしようと思う人には勉強をしていくという意味でおすすめしますし、既に盆栽をしているという方にはさらに自分の能力を向上させ、公的に認めてもらうチャンスです。

さて、今回はそんな盆栽資格について、ランキング形式で説明していきたいと思います。

第1位 盆栽クリエイター

数ある盆栽資格の中でも最も気軽に受ける事ができる資格と言えるでしょう。盆栽クリエイターとして、最低限の盆栽に対する基礎知識は必要となってくるでしょうが、既に盆栽をしている人にとっては簡単に理解できるものだと思います。

必要となる知識の中身については、盆栽の歴史や海外での盆栽の在り方などといった事も問われます。盆栽文化を支える一人の人間としての能力も試されるわけですね。

資格取得後は自宅で講座を開いたり、スクールなどで講師活動を行う事が可能です。盆栽の手入れや製法だけでなく、盆栽の選び方や買い方まで教授できる事が必要です。

第2位 苔玉作りインストラクター

盆栽作りに絶対必要な苔玉。その苔玉の専門資格がこちらです。必要な知識としましては、苔玉の製法、政策道具の種類などです。

また、苔玉と盆栽は切っても切り離せない関係にあるため、盆栽に適する樹木や草の名称や種類などといった盆栽についての基礎知識も多少は問われる事になります。

こちらの資格は既に盆栽を始めていて、苔玉にも少し凝ってみたいと思っているマニアックな人に対して特におすすめしたいです。

資格取得後は学んだ技術や知識を自分の盆栽に応用できるだけでなく、インストラクターとしての活動も行う事ができます。ぜひ、盆栽をどこまでも研究していきたいと思う方は受けてみてはいかがでしょうか。

第3位 盆栽士

こちらは取るのに時間を有する事から、気軽に取れる資格とはあまり言えないかもしれません。各種講座を受ける事、課題やテストに合格する事でようやく得られる資格です。また、総合的な知識を問われるため、生半可な気持ちでは取る事が難しいと思われます。

しかし、それは逆に言えば、他のどの資格よりもさらに高度かつ専門的な技術を身に着ける事ができるわけです。各種講座で指導している講師も専門家であるため、専門家の技術を学ぶことができるのです。

また、盆栽士資格を取得する事で、その技術や知識を活かした仕事をする事が可能です。例えば、苗木や仕立てた物を販売する事が可能です。

この資格を取ってから作る「プロの盆栽」はきっとそれまでの自分の盆栽とはまったく違った良い物になる事まちがいなしです。

ぜひ、盆栽を老後の収益にしたいと考えている方やプロの技術を習得したいと考えている方は取る事をおすすめしたいと思います。
盆栽資格 盆栽資格

関連記事

  1. 紅茶

    紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

  2. 猫

    猫の育て方アドバイザー口コミ評判

  3. shikaku1

    日本安全食料料理協会で食にかかわる資格を取ろうクチコミ評判

  4. カフェオーナー

    コーヒー・カフェ資格人気ランキング!

  5. 和食

    和食エキスパート口コミ評判

  6. shikaku1

    日本デザインプランナー協会クチコミ評判

  7. スーパーフード

    美健康食品マイスター口コミ評判

  8. ブリーダー

    ペット繁殖インストラクター口コミ評判

資格取得