カラー

色彩インストラクター認定試験口コミ評判

この世界には人の認識できる色の数が1,875,000色~7,500,000色と
いう膨大な数が存在しており、我々の見るもの全てが色付けられて
いますので、人間とは密接な関係を持ちます。

人間の精神や心理に作用する効果も証明されており、商業の世界
のみならず、日常生活でも配色を気にしてインテリアや生活空間を
作っていくことに関心が高まっています。

こういった色彩に関しての知識を有した方向けに取得が推奨されて
いる資格が、色彩インストラクター認定試験で今回はこちらの資格
と色関するお話しをご紹介していきます。

パソコンでの色表現

パソコンで絵を描いたりする方には一般的ですが、絵の具を混ぜる
より簡単に様々な色を作成できるのがパソコンの優れた点です。

パソコンで表現できる色は一般的に「RGB」というもので表現されて
おり、赤(Red)・緑(Green)・青(Blue)の三原色を組み合わせて作る
色ということから、三原色の頭文字を取った名称となっています。

表現できる総数は各原色の濃度を0から255までの間で設定した場
合、256×256×256=約1677万色と、人が認識できないレベルの
数まで表現が可能になります。

実際の画材を使用して色合いを表現するよりも、かかる時間や手間
が非常に簡略化される為、紙媒体のものに関しての色付けはパソ
コンを介して作成されるものが殆どですね。

色の与える心理効果

人間の持つ機能でよく聞くものというと味覚、痛覚、触覚、感覚、視覚、
聴覚等がよく耳にするものですが、色覚というものもあります。

その名の通り色を判別するもので、視細胞と呼ばれる眼を構成する
要素によって作られる感覚となっています。
ちょっとややこしいですが、視覚の下に色覚があるイメージで考えて
もらえれば簡素に構成は理解できるかと思います。

眼から入った情報は脳で処理される為、人間に心理的効果が表れる
わけですね。こういった反応は人間という種に根付いた本能的なもの
であったり、記憶や経験からくる反応であったりします。

色による効果は、心理の表層に及ぼす影響よりも、深層心理と呼ばれ
る無意識の部分に影響を与えるのを期待される事が多く、特に危険
区域等への警告に関してはこういった色による注意喚起が顕著に見
られるため、非常に一般的で高い効果をもっています。

商業的な価値としても色の扱いは重要なポジションにあり、商品の
色を決める際にこういった色の知識を有した人材を欲する企業は
非常に多くなってきている模様です。

色彩インストラクター認定試験概要

主催団体:日本インストラクター技術協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

認定試験を主催するのは日本インストrカウター協会で、様々な
ジャンルの指導員向け資格を取り扱います。
概要を見て頂ければ分かる通り、非常に受けやすい資格となって
いるため、どなたにでもオススメできる認定試験ですね。

普段目にしている色にも色々な効果があるもので、そこには企業や
色付けした人の思惑が散りばめられてたりするんですね。
興味のある方は詳しく学んでみてはいかがでしょうか?
カラーセラピー資格 カラーセラピー資格

関連記事

  1. 日本茶

    日本茶セレクター認定試験口コミ評判

  2. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

  3. 家庭菜園

    ベランダ菜園資格人気ランキング

  4. ブリーダー

    ペット繁殖インストラクター口コミ評判

  5. ヨガ

    美ヨガライフインストラクター口コミ評判

  6. ファッション

    ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

  7. カラー

    カラーセラピー認定試験口コミ評判

  8. shikaku1

    建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得