デッサン

鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

絵の世界は奥深く、専門学校や絵の大学があるため、本気で学ぶ
人にはそういった道が用意されています。

しかし、そういった専攻した学校の卒業をもってしても、中々技術に
関しては実際のものを見ない限りは他人に伝わらないものです。

特にこのような事に陥りがちなのが、就職や面接の時です。いくら
口頭で説明した所で相手にはダイレクトに技術は伝わらないため、
絵の世界に限らず歯がゆい思いをした人は多いかと思います。

こうした問題を解決してくれるのが資格というツールで、技術を目に
見える形にしたものですので、一目見るだけで絶大な効力を発揮
してくれるのが大きなメリットですね。

今回は絵に関する鉛筆デッサンマスター認定試験に関するお話しと、
絵そのものの話題に関してお話ししていきたいと思います。

デッサンとは

言葉自体はよく聞く事ですが、そもそもデッサンとは何か?
絵に造詣の深い方には愚問ですが、これからこういった業界へ進ん
で行く方や、そもそも絵の知識が無い人には馴染みのない言葉です。

デッサン(Dessin)は英語ではなくフランス語で、対象物の輪郭線や、
視覚的な特徴を把握することが目的になる描画方法です。
デッサン画そのものが芸術品として扱われる事もありますが、絵の上
達には欠かせない基本法の一つとなります。

特徴・輪郭を捉える事は絵の基本骨子を作る事と等しいことですので、
これが狂ってしまえば完成品のクオリティが下がってしまいます。

試験課題としてデッサン画の提出が求められる事も多く、こういった技
術を習得する事が絵の習熟には必要不可欠なものとなっています。

絵を上手くするためには

上述の通りデッサンが基本であることは理解してもらえたと思います
が、絵の上達にはデッサンと模写を繰り返す事が有効です。

模写は物体の形状を脳で記憶し、描画しやすくする為にするもので、
デッサンは記憶した物体に、実在する物体の持つ情報を加えて、絵に
説得力を持たせる為の技術です。

両方を合わせて発揮する事により、より完成度の高い作品の制作が
可能になるため、模写とデッサンを繰り返して行う事が絵の上達には
非常に効果が高い練習法と言えるでしょう。

鉛筆デッサンマスター認定試験概要

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

主催するのは日本デザインプランナー協会で、こういった絵の資格の
他にもデザイン業界に強い資格を取り扱っている団体です。

冒頭で触れた通り、履歴書にも書ける資格となっているため、就職
面接の際にアピールできるポイントとして効果が見込めます。
また、在宅受験も可能な点や70%以上の評点で合格等、受験者に
とって有利な点が多いため口コミでの評判も良好です。

さて、絵に関する話題をお話しさせて頂きましたがいかがでしたでしょ
うか。芸術の分野になるので少し敷居が高く感じてしまいがちですが、
鉛筆デッサンマスター認定試験には受験に際しての前提条件が設定
されていないため、誰にでも資格取得をチャレンジする事ができます。

興味のある方や自信のある方は是非とも取得を目指してください。
デッサン資格 デッサン資格

関連記事

  1. ハーブ

    ハーブライフインストラクター認定試験口コミ評判

  2. カフェオーナー

    コーヒー・カフェ資格人気ランキング!

  3. ワインソムリエ

    ワイン資格人気ランキング

  4. つぼ

    健康つぼ押しインストラクター口コミ評判

  5. ワインソムリエ

    ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判

  6. ブリーダー

    ペット繁殖インストラクター口コミ評判

  7. エスニック料理

    エスニック料理資格人気ランキング

  8. 収納

    収納・片付け資格人気ランキング

資格取得