POP

POPデザイナー認定試験口コミ評判

スーパーや雑貨店で何気なく目にしている値札。
たまについつい読んでしまうようなPOPもありますが、こういった凝ったPOPを読んでしまうと、
まんまと企業側の購買戦略に乗ってしまっているんだなと思ったりもします。

物やサービスを販売する企業においてPOPというものは馴染み深いもので、提供する商品を
分かりやすく・簡潔に宣伝する広告として広く利用されているものです。
アルバイトでも作成する機会があるので、苦心して作成された方も中にはいらっしゃるのでは
ないでしょうか。出来上がった完成品はなかなか愛着がわいたりもしますね。

さて、今回はこういったPOPのスペシャリスト、POPデザイナー認定試験について、POPそのも
ののお話しを交えてご紹介していけたらと思います。

POPの効果

そもそもPOPとは、「Point Of Purchace advertising」の略語で、購買時点広告といった意味に
なります。販売している地点で利用する広告という事ですね。

たかが広告・値札じゃないか、と思う方もいますが、それは非常に大きな勘違いです。
POPにはお店の雰囲気がストレートに反映されるので、お店そのものの雰囲気作りや、更に
は作った人はこんな人かも?と想像させる程に強力な販売ツールなのです。

例えばサービスや接客がメインの業態の場合、手書きでPOPを作成する事によって、顧客が
より近くに従業員を感じてもらえるといったメリットがあります。
何故そんな事が、と思われがちですが、そもそも顧客の「お店の人」という括りはかなり形式
ばったものですよね。気軽に話しかけられない対象の代表格ではないでしょうか。

そういった「お店の人」が親しみやすい文字や表現で書いた手書きPOPを店内に置いておく
ことで、顧客の店員に対するイメージが劇的に改善される効果があるんです。

また、文字の視覚効果というものは意外にも大きく、ひと目見ればだいたい男性が書いたか
女性が書いたか判断できますよね。これを利用して、男性向けの商品を扱っているエリアで
は女性の手書きPOPを置いておく等、視覚効果も合わせて利用している所もあります。

このように、顧客が店内で目にする機会の多い所からイメージや雰囲気を作っていくもの
ですので、店内を構成する要素としてはかなり大事な位置にあるものと言えるでしょう。
店舗の上の立場の人が作成するよりも、顧客と接する機会の多いアルバイト等に作成
させてみるといった事も多くの企業で実際に行われている事ですね。

POPデザイナー認定試験概要

主催団体:日本デザインプランナー協会
受験資格:特になし
受験費用:10,000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価

商業的に非常に高い効果をもつPOPデザインの技術ですが、アルバイトにも任されている
側面もあるため、参入ハードルが他の分野と比べてもかなり低いのが特徴です。
どの業界でも必ずといっていいほど役立つスキルですので、口コミでも取得者の評判が
非常に高い資格の一つとなっています。

普段何気なく目にしているPOPですが、販売戦略的にもとても大きなものとして扱われてい
ます。役に立つのは間違いない資格ですので、この機会に取得してみては?
POP広告資格 POP広告資格

関連記事

  1. DIY

    DIY資格人気ランキング

  2. 管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

  3. 温泉

    温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

  4. カフェオーナー

    コーヒーソムリエ認定試験口コミ評判

  5. エスニック料理

    エスニック料理資格人気ランキング

  6. ハウスクリーニング掃除

    ハウスクリーニング資格人気ランキング

  7. ファスティング資格

    ファスティングインストラクター口コミ評判

  8. 快眠・安眠

    安眠インストラクター認定試験口コミ評判

資格取得